「初デート保険」販売開始?

2013年04月11日

4月11日ヤフーのトピックスで面白い内容を発見しました。
イギリスで「初デート保険」が販売されているとの事。

何とも日本では考えられない内容ですが、補償の中身もなかなかユニーク

加入できるのは、現在女性限定だとか。
さて、どういった時に保険が支払われるのか?

内容は、以下の通り。

楽しみにしていた彼との初デートがあまりにもひどかった場合、それにかかった費用は全部補償します。  と、言ったもの。

記事の中で、まさに「事故」としか言えない初デートの場所として書かれていたのが
「下水処理場」  「刑務所」  「ストリップクラブ」 などなど。

しかし、この補償  女性しか入れず、その女性が支払った費用を全部お返しすると言ったものなのだが、「ストリップクラブ」に初デートで行ってそのお金を女性が払ったのか???

と、いささか個人的には疑問が残る。
「刑務所」とかも、入るのにお金がかかるのか???

とは言え、やはりそこはイギリス。そのユーモアさはとっても楽しい。
詳細は、保険のサービスのサイト「Confused.com]との事。

日頃、お客様からのご意見として、「離婚のときの慰謝料を持つ保険を作って欲しい」との声を
よくいただきますが、もし実現できたとしても、保険料を払うより、慰謝料を払わなくて済むような生活をしていただいた方が得策かもしれませんね。(^_-)


新年度すたーと!!

2013年04月02日

苦しかった年度末、3月もあっ、と言う間に終わり一息つく間もなく新年度スタートしました。
新年度に向けて、あれこれ目標や自分の中の決め事を考えながら先週末仕事で京都まで日帰り旅行をしてまいりました。

年度初めと言う事で、今日のブログは「保険」のキーワードを抜きで書きたいと思います。

東京の、大変お世話になっている経営者の方とお会いし、京都の経営者の方をご紹介いただき、大変うれしい人脈拡大が着々とおこなわれている中、この方たちの会話を横で聞いていると私のまだまだついていけない話題がいっぱい(>_<)

かしこい人は本当に尊敬します。
かしこい・・・(私から見て)思うのはまず、
知識が豊富
人脈が多い
会話がスムーズに流れる(常に相手の話に臨機応変に対応ができているetc・などなど

挙げて行けばきりがないのですが、この様に色々な方たちとお話をさせていただき、自分がいろんなことを学べるのだと、本当に感謝します。
人脈こそ財産! 本当にそう思える一日でした。(^_-)

さて、写真は「東寺」の枝垂桜です。
この日はお天気にも恵まれ、何よりこれを満開と言わずして何という!と言いたくなるような
絶好調の満開のさくらでした。何だか、この一年頑張ってきた甲斐があったと自分で思えるような。
もしかしたら、そのご褒美かしら?とちょっとうぬぼれる典型的なB型の私(^^)

なにはともあれ、来年もご褒美桜を見られるように、今年度も頑張ってまいりますので、皆様何卒応援よろしくお願いします。



高速道路の落し物

2013年03月29日

写真は実物です。

この写真、正体は何だと思いますか?
答えは、台所の流しのシンクです。
これが・・・朝の高速道路 しかも片道1車線の道路上に落ちていました。

大変不幸なことに、うちのお客さんがこれに当たって車を破損してしまいました。
ただ、お怪我がなかった事が、本当に不幸中の幸いでしたが。

流石に、この時は警察が頑張ってくれました
Nシステムで落とし主を発見(^^)/

幸い、すべては、この落とし主さんが弁償してくれました。
では・・・もしも落とし主が現れなかったとか、過失を認めなかったとか、この場合の自分の車の修理代は?

これは、車両保険の「一般車両」いわゆる「」が出る内容でないと保険では支払われません。

今回のように、お相手が素直に認めてくれて賠償をしてくれる場合は、お相手の自動車保険の「対物」から支払われます

例え、高速道路であっても「前方不注意」を取られるケースはあります。その場合はこちらにも多少の過失が出るケースもあります。今回のように避けようのない場合も勿論ありますが。

冗談みたいな話ですが、私も以前高速道路で落下物に遭遇しました
たまたま、片側2車線で急ハンドルで避けられましたが、すでに薄暗くなっていた中、直前でないと発見できなかったのも事実です。

さて、私の遭遇した落下物とは・・・冗談みたいですが本当です。
答えは下の写真をご覧ください。


写真はイメージです。


目的物は明確に!

2013年03月23日

これは、数年前に本当にあったうちのお客さんの事故です。
そのお客さんは「解体業者」さんで、お家を建て替える等の為に古いお家を解体したりするお仕事でした。万一、解体作業中に瓦などが飛んで行って通行人に当たってけがをさせたらだめだから、

と、保険に入ってくれることになりました。「請負賠償」という作業中のアクシデントで他人を怪我させたり、他人の物を壊したりと、自動車で言う「対人・対物」の様な保険です。

それから間もなく連絡があり、「解体していたら瓦が隣の家に飛んで行った。」と言う内容でした。

「大丈夫ですよ(^^)  保険で対応できますよ」と返事をすると、「よかった~ 入っててよかったわ」と、喜ばれました。

それから一月ほどたった時、再びの連絡で、「お客さんの所でユンボが当たって塀が倒れて、隣の家に当たった。」との事故報告。
「大丈夫ですよ(^_^;) 保険で対応できますよ。」と返事をすると「やっぱり、保険に入っててよかったわ」とお喜び。  ちなみに前回と、今回は別の場所です。

それから一月経たない位にまたまた事故のご連絡
お客さんの家と隣の家を間違って壊した。(>_<)」

さすがに、それは保険対応できません。
段々とヘビーになる事故報告でしたが、これは、流石に「免責」です。

みなさん、目的物はきちんと確認し、明確に!!
その後の「隣の家」に対する賠償については聞いておりませんのでどうなったことか・・・
m(__)m


写真はイメージです。


はばたけ!  若者(^_-)

2013年03月22日

写真は本人です。

この度、当社の担当「のぶりん」が転勤となりました。
新卒でNKSJひまわり生命に入社し、早4年。彼にとっては初めての転勤。しかも中々の栄転(^_-)

週末、彼の旅立ち第二ステージを祝い仲間と送別会をしました。
飲んで、食べて。連日の送別会に結構くたくた気味の「のぶりん」は、途中居酒屋の座敷の所で横になり、「くぅぅぅ くぅぅぅ」という軽い寝息。

やっぱり、若いといえども疲れているんだなぁ~   と、そのまま寝かしてあげることに。
そのうち、「ぐぅぅぅ」に変わり見る見るうちに「がぁぁぁぁ」に変身(^_^;)

疲れ果てた彼を見て、お開き寸前までそのままに。
そろそろ帰ろうかと言ったとき、車で来ていた私は代行に連絡を。
「のぶりん」にはタクシーを

連絡して、代行に少し時間がかかり、その間にタクシーが到着。
支払いもすべて済まして、優しく彼を起こし寝ぼけ眼の彼をタクシーに乗せ、行き先を告げてドアを閉めた。  「ばいばぁーい  元気でねー」とみんなで別れを惜しみながら。

それから間もなく代行が到着し、満足して自分の車の助手席に乗り込み家に向かう・・・途中???一つの疑問が。「のぶりん」はどうやってお店まで来たんだっけ?
次の瞬間「あぁぁぁぁぁぁ 車(・・;)」
そう。彼は車で来ていたのでした。しかも彼の家は中々の遠方。
嫌がらせでは決してありませんが、次の日タクシーで車を取りに来たとか。「のぶりん ごめん」

これに懲りずに、いつか出世して戻ってこーーーーぃ!(^^)!

とまあ、自分的に車だと言う事を思い出した瞬間、青くなり、あまりのドジに笑いこけ
みなさんも、「飲んだら乗るな」帰りは代行かタクシーで(^_-)

さて、飲酒運転の場合自動車保険はどうなるか?
対人・対物いわゆる、被害者救済の観点から相手に対しては保険で払われます
ただし、自分の怪我・車両保険については一切出ません。
絶対に飲酒運転はやめましょうね。(^_-)